童話集 「ピコポコものがたり」

「ピコポコものがたり」の童話作品紹介です。
(現在17編)



まずはうさぎたちのご紹介。
ピコピコうさぎ 子うさぎ姉弟の姉。愛称は「ピコ」。
ポコポコうさぎ 子うさぎ姉弟の弟。愛称は「ポコ」。
おとうさんうさぎ ピコとポコの父。眼鏡をかけている。
おかあさんうさぎ ピコとポコの母。姉弟をやさしく見守る。


あぶく屋さん
<あらすじ>
ピコとポコがお風呂に入っていると、ポコが洗面器山盛りにシャボンを溶かしてしまいました。
ポコはお母さんに叱られてしまい、ピコにあぶくを半分あげることになりました。
そこで、ピコがあぶくを半分もらおうとすると、ポコは。。。


あらしの あと
登場者
川べりのいたちさん 先日の嵐で川が氾濫し、家が流されてしまう。
<あらすじ>
おかあさんうさぎは、押し入れの中で何やら探し物をしています。
ピコがたずねると、大水で家が流されてしまったいたちに、服や布団をあげるのだと言っています。
すると、ポコは自分のおもちゃもあげると言いだして。。。


大きなこうもりがさ(雨 雨 雨)
登場者
きつねのおばあさん 近所に住むおばあさん。
<あらすじ>
きつねのおばあさんは窓のそばでエプロンを継いでいました。
そこへ緑色のこうもり傘がひょっこり歩いてきました。
中にいたのはピコとポコでした。
子うさぎたちはすぐに引き返してしまったので、おばあさんは。。。


おじいさん と おばあさん
<あらすじ>
おとうさんが、日曜日にトンカチなどをだして、何か作っています。
ピコが訪ねると、それは「風呂場の踏み台」だと言います。
それをみていたおかあさんが、次に台所の棚の修理を頼みます。。。


おじぞうさまと ビスケット
登場者
キャックル いたずらおさる。
<あらすじ>
ピコとポコは、いじめっ子のキャックルに会うと、ビスケットを隠してしまいます。
それは、とられるといけないからです。
するとピコとポコとキャックルは、丘の上に遊びに行き、
おじぞうさまにビスケットをあげることにしました。。。


おとうさんの めがね
<あらすじ>
日曜日、おとうさんはこたつで昼寝をしていました。
ピコがいたずらで、おとうさんの眼鏡をかけています。
それを見たポコは自分も眼鏡をかけたがりますが。。。


おるすばん
登場者
たぬきのくずやさん ピコのうちに訪ねてくるセールスマン。
犬のおまわりさん 姉弟と仲がいい白いしっぽのお巡りさん。
<あらすじ>
ピコとポコがお留守番をしていると、たぬきのくずやさんが訪ねてきます。
おかあさんから戸を開けてはダメと言われているので、姉弟はうまくたぬきを追い返しました。
すると、玄関の前に財布が落ちているのに気がついて。。。


かやのなかの 子うさぎ
<あらすじ>
ピコとポコは蚊帳の中ではしゃいでいます。
足を跳ね上げたり泳いでみたりと8時をすぎても起きています。
おかあさんうさぎが注意しても寝ないので、おとうさんうさぎは灯りを消しました。
すると、子うさぎたちが見たものは。。。


きんぎょやさん(金魚やさん)
登場者
子じかのシロゲちゃん ピコとポコのともだち。
<あらすじ>
道の向こうできんぎょやの声がしています。
シロゲちゃんはその声を聞いて道に出てみると、ポコとピコが現れました。
子うさぎたちはおたまじゃくしを小川ですくってきて、きんぎょやごっこをしていたのです。。。


子うさぎと 花輪
<あらすじ>
ピコが遊びに行こうとすると、幼いポコがついてきてしまいます。
姉弟は、丘の上でおじぞうさまに花輪をつくってあげたりして遊びました。
すると、ピコはまた違うところに遊びに行こうとして、ポコから逃げましたが、
気がつくと、昔1度しか来たことのない山に入ってしまいました。。。


こうさぎの 放送局
<あらすじ>
ピコは空っぽのみかん箱を出してきて、色を塗り始めました。
するとたちまち、カラフルなラジオの完成です。
ピコアナウンサーとポコ歌の先生は、ラジオ番組ごっこを始めます。。。


こたつ
<あらすじ>
ピコとポコは、買ってもらった絵本を読みながら、こたつにはいっています。
するとピコがポコの本を覗こうとしました。
ポコは怒ってしまい、足でこたつを蹴ってしまいました。
すると、ポコのくつ下に火がついてしまって。。。


たき火
登場者
子じかのシロゲちゃん ピコとポコのおともだち。
おとうさん シロゲちゃんの父。
<あらすじ>
ピコとポコが道を歩いていると、垣根の向こうからシロゲちゃんに呼び止められました。
シロゲちゃんは「今、たき火をやっているから来なさいよ」と誘ってくれています。
たき火にあたることになった姉弟に、シロゲちゃんのおとうさんは。。。


年賀状をかくよ(年賀状)
登場者
子じかのシロゲちゃん ピコとポコのともだち。
いなかのおばあちゃん ピコとポコの祖母。
<あらすじ>
おとうさんうさぎが年賀はがきを沢山買ってきました。
年賀状を知らないピコとポコは1枚ずつ誰かへ出すことになりました。
ピコが出す相手をポコがまねをするのでもめ始めてしまいました。。。


花火
登場者
リス子ちゃん 姉弟のうちの隣に住むなかよしの女の子。
<あらすじ>
今晩、ピコのうちで花火をすることになりました。
おとうさんが早めに会社から帰ってくると、姉弟は大喜び。
誘っているとなりのリス子ちゃんも、早々と浴衣に着替えています。。。


春のにおい
登場者
くまおじさん 絵かき。姉弟となかよし。
<あらすじ>
ピコとポコは、くまおじさんと一緒に写生をしています。
すると向こうの線路に汽車が見えてきました。
姉弟は汽車の絵を描くことになりましたが。。。


まっかっか
登場者
キャックル いたずらおさる。
くまのおじさん ベレー帽をかぶっている。子うさぎたちとは面識がない。
<あらすじ>
ピコとポコが赤いセロハンを目にあてて周りを見ていました。
木も屋根もみんな真っ赤に見えて面白がっています。
そこへキャックルがやってきて、セロハンを破いて捨ててしまいました。
子うさぎたちが泣いていると、そこにくまのおじさんが来て。。。