秋の夜長の短いお話 4
     けっこん  ぜんや     
結婚前夜
  初出誌
1968年(昭和43年) 週刊言論9月25日号
 作品関連
  雑誌 1963年 週刊言論9月25日号 潮出版社
 事件の舞台
   不明・・・陽光電機KK
 あらすじ
 勤務する陽光電機KKの社長の一人娘・あけみとの結婚式を明日に控える末彦だったが、この結婚をすることで別れた恋人・百代のことが心残りだった。姉夫婦以外に身寄りのない彼女を捨てることは心が痛むが、末彦は自分の出世と秤にかければ仕方がないと心に決めていた。彼は独身最後の夜をドライブて楽しもうと軽快に車を走らせていたが、以前百代とデートをした場所へ差し掛かった時、突然一人の女性が目の前を横切った。女は百代だった。
 登場人物
春田 末彦 陽光電機KKのエリート社員。
夏山あけみ 末彦の結婚相手。目が大きなわがまま娘。
夏山良太郎 あけみの父。陽光電機KK社長。
冬川 百代 末彦の元恋人。陽光電機と同じビル内にある食品会社の事務員。
秋谷 千代 百代の姉。
秋谷 一郎 千代の夫。