しゃしん
なぞの写真
  初出誌
1958年(昭和33年) なかよし1月増刊号
 作品関連
  雑誌 1958年 なかよし1月増刊号 講談社
  書籍 2012年 仁木悦子少年少女小説コレクション1 論創社
 事件の舞台
   都下・・・大川宅、健ちゃん宅、あけぼの旅館
 あらすじ
 無事に元日を迎えた大川家の一人娘・多美子は、隣人で一つ年上の健ちゃんに写真を撮ってもらった。健ちゃんはお年玉代わりに新しいカメラを買ってもらったのだ。翌日健ちゃんが現像した写真を持ってくると、多美子の後ろにオーバーの襟で顔を隠す謎の男が写っていることに気が付いた。多美子の両親も多美子自身もその男のことは知らなかった。するとその翌日、多美子はその男に無理矢理「あけぼの旅館」へ連れていかれると、彼女を待っていた一人の女性と話をすることになった。
 登場人物
大川多美子 小学4年生。大川家のおてんばな一人娘。
多美子の父。
多美子の母。
健ちゃん 多美子の隣人。小学5年生。
よしぞう オーバーの襟で顔を隠す謎の男。東北訛りがある。
おばさん 多美子を待っていた女性。実は…。