くちぶえ                きょく    
口笛たんてい局
  初出誌
1967年(昭和42年) こどもの光5月号          
     ~
1968年(昭和43年) こどもの光5月号
 作品関連
  雑誌 1967年 こどもの光5月号~1968年5月号 家の光協会
  書籍 2013年 仁木悦子少年少女小説コレクション2 論創社
 事件の舞台
   小柳村・・・小学校、木村ポンプ店、豆腐店、村役場、寺、貯水池、ガラス工場
   となり村・・・関山とうふ店、五郎の祖母の家
   田代町・・・白ひげ食堂、町役場、アパート「あかつき荘」、運送会社倉庫
   吉岡町・・・松本邸
   東京・・・茂樹の発見場所、五郎のおじの家
 あらすじ
 小柳村に住む小学4年生の佐田五郎、小川町子、小学5年生の水谷仁、木村アケミの4人は学年は違うが仲良し4人組だ。それも「口笛たんてい局」というグループを作って身近におこったトラブルを解決しようと活動していた。そんなある日、アケミの家の隣にある本橋豆腐店の3歳になる息子・和男が行方不明になった。早速4人はそれぞれ和男を探すべく独自に調査をするが、村から少し離れた吉岡町の町議・松本の息子・茂樹も行方不明になっており、さらに二人の顔がそっくりだということもわかった。
 登場人物
佐田 五郎 小学4年生。「口笛たんてい局」メンバー。体が大きく、あだ名は「佐田の山」。
小川 町子 小学4年生。「口笛たんてい局」メンバー。おかっぱ頭。あだ名は「ロケット」。
水谷  仁 小学5年生。「口笛たんてい局」メンバー。小児麻痺で足が悪く、松葉杖を使う。
木村アケミ 小学5年生。「口笛たんてい局」メンバー。おさげ髪。絵がうまい。
根本 文枝 小学4年生。作品の最後に「口笛たんてい局」にメンバー入りする。
高野 小学4年生。五郎のクラスメイト。
五郎の兄。高校1年生。
正三 五郎のおじ。ボールペン工場に勤務。
祖母 五郎の祖母。となり村に住む。
町子の父。
仁の兄。ガラス工場に勤務。
アケミの父。「木村ポンプ店」の店主。
しんせき アケミの親戚。田代町にあるアパート「あかつき荘」に住む。
文枝の父。
クロ 町子の飼い犬。
デポッポ 仁が飼う伝書バト。
本橋 アケミの実家である「木村ポンプ店」の隣にある「本橋豆腐店」の店主。
おばさん 本橋の妻。
本橋 和男 本橋の息子。3歳。
松本 吉岡町の町議。
茂樹 松本の息子。
祖母 茂樹の祖母。松本の母。
となり村に住む男。黒メガネをかけている。
男と一緒に住む女。
広市じいさん 小柳村の住人。
新田のおばあさん 小柳村の住人。
助役 小柳村の助役。
黄色いシャツの男。
鼻のわきにほくろがある男。
主人 田代町にある「白ひげ食堂」の店主。
店員 「白ひげ食堂」でアルバイトをする少女。
紳士風の男 悪漢のボス。
悪漢の仲間。
悪漢の仲間。
外人 悪漢の仲間。
高野 小柳村駐在の巡査。高野の父。