きよ     よる     なか  ・ 
聖い夜の中で
  初出誌
1987年(昭和62年) ミステリマガジン1月号
 作品関連
  雑誌 1987年 ミステリマガジン1月号 早川書房
  書籍 1987年 聖い夜の中で 立風書房
  書籍 1988年 推理小説代表作選集 1988年版年鑑 講談社
  書籍 1991年 聖い夜の中で 光文社文庫
  書籍 1993年 誰がための殺人 講談社文庫
  ドラマ 1994年 聖夜の逃亡者 テレビ朝日系
  書籍 2000年 蒼ざめた時間 青谷舎
  書籍 2002年 子供たちの探偵簿 夜の巻 出版芸術社
  書籍 2006年 聖い夜の中で 新装版 光文社文庫
  書籍 2014年 ミステリマガジン700国内篇 早川文庫
 事件の舞台
   目黒・・・おばあちゃん宅
   関西のある街・・・ママの家
 あらすじ
 クリスマスの夜、妻との浮気相手を殺し服役中の岩野昌造は、看守のすきをついて脱獄した。そして逃走中に忍び込んだある会社の事務所にあったサンタクロースの衣装に着替えた。今夜だけは繁華街をこの衣装で歩いていても、周囲から不思議に思われることがないからだ。すると岩野が街中を歩いていると、一人の男の子・ひろむと出会った。母以外に身寄りのないひろむは、岩野を本物のサンタクロースだと思い無邪気にじゃれついてくるのだ。そこで岩野はひろむを人質に連れ、逃走を成功させようとする。
 登場人物
岩野 昌造 服役囚。36歳。元・長距離トラックの運転手。
ひろむ 来春に小学生になる男の子。5歳。
ママ ひろむの母。祖母の死後、水商売で働きながらひろむと暮らす。
パパ ひろむの亡父。ひろむが幼少期に病死。
おばあちゃん ひろむの父方の亡祖母。ひろむを育てていたが、3か月前に死亡。
おばちゃん ママの出勤時に、ひろむを預かる近所の一人暮らしの婦人。
堀崎 刑務所の看守。印刷指導員兼監督責任者。
田黒 服役囚。
岩野の元妻。元・軽食堂の店員。
浮気相手 岩野の妻の浮気相手。岩野に殺される。
岩野の元妻の新しい夫。妻と共に30キロほど離れた町で暮らす。
若者 岩野の弟分。トラック運転手。
エミ ひろむが東京で暮らしていた頃の遊び友だち。