もっと     こうきゅう               ・  ・
最も高級なゲーム
  初出誌
1977年(昭和52年) 幻影城2月号
 作品関連
  雑誌 1977年 幻影城2月号 幻影城
  書籍 1979年 みずほ荘殺人事件 角川文庫
  書籍 1998年 甦る「幻影城」3 角川書店
  書籍 2000年 幻影城 探偵小説誌 不朽の名作 角川ホラー文庫
 事件の舞台
   東京郊外・・・神泉夫人の洋館
 あらすじ
 静かな秋のある夜、東京郊外にある神泉夫人の館では「探偵小説」が好きな男たちが5名集い、ミステリー同好会の月例会合を開催していた。しかし今夜はただの集まりではなく、喧嘩中の二人、夫人の娘・真知子とメンバーの一人・駒場春樹を仲直りさせるという一面も持っていた。そして今夜の題材である硲井厳介作『女人の館』に対する論議を一通り終え休憩にしようと思ったその時、突然館内の電気が消え春樹が金属製の花瓶で何者かに殴られる事件がおきた。
 登場人物
神泉夫人 レンガ造りの洋館に住む婦人。
神泉真知子 夫人の娘。
松原 泰弘 新進気鋭の心理学者。
北沢 十郎 ピザ店の経営者。26~7歳。背が高い。グループの最年長。
駒場 春樹 工作機械会社の社員。強度の近眼で大人しく内気。真知子と恋仲。
羽根木和政 某大学文学部史学科の学生。平安朝の研究が専攻。
代田 巨人 画家。大柄な体格。アンチ・ジャイアンツ。
硲井 厳介 作家。『女人の館』の作者。
成城夫人 『女人の館』の登場人物。一人暮らしの未亡人。住まいに学生を下宿させる。
梅岡 乙子 『女人の館』の登場人物。X女子大学英文科の学生。成城家に下宿。
大倉 厚子 『女人の館』の登場人物。X女子大学英文科の学生。成城家に下宿。
業徳寺恵美 『女人の館』の登場人物。X女子大学国文科の学生。成城家に下宿。
京堂 歌枝 『女人の館』の登場人物。X女子大学家政科の学生。成城家に下宿。
舟橋 郁代 『女人の館』の登場人物。X女子大学国文科の学生。成城家に下宿。
小田原 『女人の館』の登場人物。X女子大学国文科助教授。
『女人の館』の登場人物。小田原の妻。
藤沢 『女人の館』の登場人物。小田原家の隣人。
喜多見 『女人の館』の登場人物。警視庁捜査一課警部補。
狛江 『女人の館』の登場人物。地元署捜査一課部長刑事。