つま ・ 
かわいい妻
  初出誌
1972年(昭和47年) 小説サンデー毎日11月号
 作品関連
  雑誌 1972年 小説サンデー毎日11月号 毎日新聞社
  書籍 1976年 死を呼ぶ灯 立風書房
  書籍 1979年 暗い日曜日 角川文庫
  雑誌 1984年 花ゆめEX 白泉社
  マンガ 1985年 パズルゲーム☆はいすくーる4 白泉社
 事件の舞台
   都下・・・直井宏明宅、義妹宅
   新橋・・・宏明が勤める商事会社
   荻窪・・・湯沢恒夫宅
   宮益坂・・・あつ子が経営する洋装店
   渋谷・・・典江が入院する病院
   銀座・・・黒池と宏明が出会う
 あらすじ
 まもなく結婚して一年が経つ直井美樹子は、ある日曜日に夕飯を作って夫・宏明の帰宅を待っていたが、深夜になっても戻ってこなかった。翌日、夫が勤める会社に連絡を入れたものの夫は出社しておらず、実家にも連絡が入っている様子がなかった。そこで身重の美樹子は自ら夫を探そうと立ちあがるが、手がかりを探す中で夫の預金通帳から20万円が引き出されていることを確認する。
 登場人物
直井美樹子 妊娠6ヶ月のの新妻。甘ったれな性格。
直井 宏明 美樹子の夫。商事会社の社員。学生時代はレスリング部所属。
敏郎 美樹子の兄。スポーツ記者。
敏郎の妻。
敏郎・美樹子の父。嫁と折り合いが悪い。
敏郎・美樹子の亡母。今春ガンで死亡。
黒池 雅也 宏明の友人。
湯沢 恒夫 宏明の友人。元・出版社勤務。会社が倒産後、転々と職を変える。
湯沢 典江 恒夫の妻。子供を連れ夫と別居中。デザイナー。
恒夫の子。名前、性別も不明。母の典江と暮らす。
あつ子 美樹子の従姉。典江の高校時代の友人。宮益坂で洋装店を経営。
宏明の母。
義妹 宏明の妹。
主婦 湯沢家の隣人。中年の主婦。
同僚 宏明の会社の同僚。
社員 宏明の会社の社員。
看護婦 渋谷の病院の看護婦。