ろうじん  れんめい  
老人連盟
  初出誌
1968年(昭和43年) 小説現代3月号
 作品関連
  書籍 1968年 小説現代3月号 講談社
  書籍 1979年 みずほ荘殺人事件 角川文庫
  書籍 1991年 一瞬の人生 講談社
  書籍 2002年 子供たちの探偵簿 昼の巻 出版芸術社
 事件の舞台
   昭島市K町・・・知枝子宅、本庄則彦宅、林由紀子宅、梅村ハツノ宅、公園
   池袋・・・マサの娘の家
   杉並・・・井上美紀宅
 あらすじ
 中学2年生の知枝子は、いつも公園で野良猫に餌をやっているおばあさん・梅村ハツノと仲良くなった。すると、ハツノには彼女と同年代の話し友達が男女問わず数名いて、暇になると公園に集まってくるようだった。そのメンバーも元・小学校の校長や元・巡査部長と経歴も様々だ。そんな彼らの前に少年院帰りの本庄夏彦が現れた。彼は訪ねた兄の家で兄の妻・佳代の死体を発見し殺人の疑いをかけられているが、無実だということを夏彦と仲の良い義妹・井上美紀に伝えたいというのだ。ハツノたちは警察に知られぬように、少年の希望をかなえつつ犯人を探そうと動き出した。
 登場人物
知枝子 団地に住む中学2年生。
梅村ハツノ 青い屋根の家に住むおばあさん。公園で野良猫に餌をやることがたのしみ。
大野 マサ ハツノの話し友達。編み物が好き。
井田 きよ ハツノの話し友達。腰が曲がっている。
浅見 ノブ ハツノの話し友達。痩せた体型でいつも孫をおんぶしている。
正木古志郎 ハツノの話し友達。背が高く金縁眼鏡をかけた元・小学校の校長。
今 裕之助 ハツノの話し友達。ずんぐりした禿げ頭の元・巡査部長。
本庄 夏彦 一ヶ月前に東京少年院を出所したばかりの少年。
本庄 則彦 夏彦の兄。32歳。自動車のセールスマン。
本庄 佳代 則彦の妻。26歳。旧姓・井上。
井上 美紀 佳代の妹。高校生。夏彦と同じ年齢。
林 由紀子 則彦宅の隣人の主婦。
黒井 辰巳 東京電力の集金係。44歳。
マサの娘。
ノブの息子の嫁。社長秘書。
息子 ハツノの息子。
ハツノの息子の嫁。
ハツノの息子の第一子。
ハツノの息子の第二子。
お手伝い 梅村家のお手伝い。
知枝子の母。
岡野 知枝子のクラスメイト。
チャメ 公園にいる野良猫。
トラ 公園にいる野良猫。
チョン子 公園にいる野良猫。