とお      え  ず
遠い絵図
  初出誌
1966年(昭和41年) 小説現代11月号
 作品関連
  雑誌 1966年 小説現代11月号 講談社
  書籍 1969年 凍った果実 カッパノベルス
  書籍 1978年 凶運の手紙 角川文庫
  書籍 1981年 犯罪オートクチュール 徳間文庫
 事件の舞台
   新大久保・・・冴子が住むアパート
   久住・・・素子の生家、鈴木りつの家、分木喜平の家(「西谷村」「三ツ柳」は架空の地名)
   館山町(現・館山市)・・・篤彦と素子が出会う
   千葉市・・・篤彦と素子が待ち合わせする旅館「鶴の家」
 あらすじ
 冴子は20年前の父の死の真相を未だ知らされておらず、母・素子にそのことを訊ねてもなぜか語ろうとはしなかった。そんなある日、冴子は会社の同僚から現在の素子の恋人・篠原篤彦に「口もとと顔の輪郭が似ている」といわれる。そしてその日から彼女の心の中では、自分が素子と父・唯幸の子供ではなく、素子と篤彦の子供ではないかと疑い始める。
 登場人物
三ツ柳冴子 資材課に勤めるOL。
三ツ柳素子 冴子の母。娘と二人暮らし。旧姓・長瀬。
三ツ柳唯幸 冴子の亡父。20年前に強盗に殺される。
篠原 篤彦 素子の恋人。大手電機メーカーの人事部長。妻と子供を事故で失う。
井上 紀江 冴子の友人。同じ会社の庶務課に勤めるOL。
浅井 修介 冴子の婚約者。
長瀬のおじいちゃん 素子の父。冴子の祖父。
鈴木 りつ 元・三ツ柳家の女中。
分木 喜平 元・三ツ柳家の使用人。