ぶた      にんげん
うさぎと豚と人間と
  初出誌
1962年(昭和37年) 宝石2月号
 作品関連
  雑誌 1962年 宝石2月号 宝石社
  書籍 1963年 推理小説ベスト20(2) 1963年版推理小説年鑑 東都書房
  書籍 1971年 講談社
  書籍 1974年 犯罪ロードマップ 講談社文庫
  書籍 1979年 講談社文庫
  書籍 1997年 仁木悦子集 リブリオ出版
 事件の舞台
   武蔵野・・・養護施設「曙学園」
 あらすじ
 約30名の精薄児を収容する養護施設「曙学園」では、体は成長しても心は永久に幼児のままの彼らに職業訓練として牧畜を教えている。そんな3月のある日、教師の木田美保子は生徒から飼料小屋から火が出ていることを知らされた。そして消火活動終了後、生徒の神島敏江の姿が見えず、焼けた小屋の中から一体の黒焦げ死体が発見された。
 登場人物
杉内 英夫 私立養護施設「曙学園」教師。
木田美保子 「曙学園」教師兼保母。
中丸 敬治 「曙学園」畜産指導員。30歳過ぎ。学園近くの農家の長男。
早川 トミ 「曙学園」保母。
「曙学園」校医。
戸川 「曙学園」用務員。
坂下 新三 「曙学園」生徒。16歳。体格が良い。IQ50。
押野キネ子 「曙学園」生徒。14歳。放火癖があり、火の前で踊る奇行をみせる。
神島 敏江 「曙学園」生徒。14歳。小柄な大人女性くらいの体格。食いしん坊。
寺岡 清志 「曙学園」生徒。8歳。IQ75。
広瀬 「曙学園」生徒。
中丸 初代 敬治の妹。
義理の母 敬治の義母。中風で寝たきり。