植物スクラップブック・草花篇
アイリス アヤメ科  Iris
採取作品 「赤い猫」
採取場所 中央線沿線「大林 郁邸」
特  徴 花は5月頃に咲き、花の色の豊富。
日本には第二次大戦後に導入されたが、
和名はつけられず、学名のまま呼ばれている。
名前の由来はギリシア神話の虹の女神イリス。
花言葉は使命。
作品での役割 宝石泥棒の話を聞いて、郁はその部屋に向かった。
デスクの上には、アイリスが生けてある花瓶がのっている。
「この花はいつ生けたの?」
「昨日の午後です。」
家政婦は言った。
「水が少ないようだけど、どの位入っている。」
郁がそう言うので、多佳子は灰皿に花瓶の水をあけてみた。

細かなところも見逃さない郁の推理が抜群に冴えるのだ。

オニユリ ユリ科  Lilium lancifolium thunb
採取作品 「ねむい季節」
採取場所 国立合成食品研究所
特  徴 オニユリは別名「テンガイユリ」と呼ぶ。
寺院などで見られる天蓋を吊した様子に
似ていることがその由来。
球根は食用としたので、栽培の歴史は意外と古い。
作品での役割 「あの研究所の植物園に咲いているユリを、
2〜3本持ってきてくださらない?」
より子が言った。
「研究所では、随分たくさんユリを栽培しているのね。
それもオニユリばかり。」

この研究所では、ユリに炭酸ガスと水を与えて、
澱粉を作るデータをとっています。

ガーベラ キク科  Gerbera jamesonii
採取作品 「弾丸は飛び出した」
採取場所 世田谷区内 尾形・藤川家
特  徴 花は4〜10月と長い間咲く。
原産は南アフリカ。
名の由来はドイツの医者・T.Gerberによる。
花言葉は神秘・崇高美。
作品での役割 尾形・藤川家に忍び込んだ仁木兄妹は、
事件の手掛かりを得ることができた。
そして、玄関で靴をはいていると、飾り棚に目が止まった。
飾り棚には、白ユリが二本と一束のガーベラが
うす青い花瓶に生けてあった。
何の変哲も無い切り花だった。
「悦子、ちょっと待ってくれ。」

雄太郎には何がひらめいたのでしょうか。




つぼみ
桔梗 キキョウ科  Platycodon grandiflorum
採取作品 「山峡の少女」
採取場所 北関東の山峡の民宿「いしどう」
特  徴 秋の七草の一つとして知られるキキョウだが、
実際は6月〜8月上旬に紫または白の美しい花を咲かせる。
また、「万葉集」にでてくる「あさがお」は
キキョウのことだといわれている。
花言葉は「清楚」「気品」。
作品での役割 小説家・北見孝一郎は執筆中の作品を仕上げるため、
山峡の民宿「いしどう」に滞在していた。
そんな孝一郎の部屋へ毎日食事を運ぶ少女がいた。
少女の名前は「真知子」。
この宿の娘だった。
孝一郎は真知子を見てこう思った。
「桔梗みたいな−いや、桔梗のつぼみみたいな子だ。」


どんな感じでしょうか。
純情可憐な少女といったところでしょうか。

キク キク科  Chrysanthemum morifolium Ramat. 
採取作品 「灯らない窓」
「二つの陰画」
「あかねを歌う」
など
採取場所 篠田家(『灯らない窓』)
世田谷区 アパート満寿美荘(『二つの陰画』)
出水八重子の墓(『あかねを歌う』)
特  徴 観賞用として広く栽植する多年草。
花は秋に咲き、高さは1m程度。

また「菊人形」としては、
横溝正史の『犬神家の一族』などで描かれている。
作品での役割 玄関へ行ってみると、立っていたのは隣の喜絵ちゃんだった。
キクの花束を紙に包んで抱えている。
「進くん、この花お見舞い。元気出して。」
僕はそっけなく、キクの花を受け取った。(『灯らない窓』)

均は菊はきらいなのだ。
西洋草花の華やかさもないくせに
水仙やりんどうような清楚さもない。
それに一年中のさばっていて季節感もない。
ところがゆかりときたら菊の花が好きで、
均のアトリエに必ず菊を抱えてくる。(『二つの陰画』)

八重子の墓には、
白と黄の菊の束が薫っている。(『あかねを歌う』)

一年中咲いているし、クセがない花なので
色々な場面で使われています。

クルマバハクマ キク科  Pertya rigidula
採取作品 「林の中の家」
採取場所 S区K町「水原啓太邸」
特  徴 葉は硬く、ふちに鋸歯がある。
花は円錐状に10個ほどが、8〜9月ごろに咲く。

この草の名前は「クルマ」バハクマではなく、
「クルマバ」ハクマです。
作品での役割 スイラン、ツルニンジン、メハジキ、
クルマバハクマ、イワヘゴ・・・。

さえざえとした空気が流れ込んでくる
10月のある夜、雄太郎は万年筆で
カードに草の名前を書きこんでいた。

そこへ一本の電話が・・・。

ここから雄太郎と悦子は事件の謎に挑むのだ。

コスモス キク科  Cosmos bipinnatus cav.
採取作品 「死の花の咲く家」
採取場所 阿佐ヶ谷「西片譲平邸」居間
特  徴 茎の高さは1〜2mで、直立に伸びます。
秋には6cmの花が咲き、色は白、深紅などがあります。
作品での役割 吉村駿作は田垣弘子と再会する。
そこで弘子が現在祖父の遺産相続争いに
巻き込まれている事をきき、
駿作は西片邸へ向かうことになった。
西片邸では当主譲平の甥や姪たちが、
あの手この手を使って、
遺産を手に入れようとしていた。
駿作が居間へ向かうとテレビの上にコスモスが
飾られていることに気がつく。
「その花は源一郎さんが生けたんですよ。」

やはりコスモスの花が事件解決の糸口になる。

秋海棠 シュウカイドウ科  Begonia grandis
採取作品 「タイトル不明」(未完の作品か?)
採取場所 鮎沢松治邸の庭先
特  徴 日陰の湿地などで見られる中国原産の多年草。
花は秋に咲きます。
作品での役割 ピンク色という色は、とかく品がなくなりがちなのに
露子はこの花の色がいとおしくてかわいらしく思った。


露子は日々の生活に憂いがあるのでしょうか。
切なさを感じます。

白ハギ マメ科  Lespedeza
採取作品 「林の中の家」
採取場所 S区K町「達岡邸」
特  徴 ハギは秋の七草のひとつです。
「万葉集」では、最も多く詠まれた花にもなっています。
作品での役割 玄関わきの白ハギのひとむらが、
主人の死をいたむように、遅咲きの花をつけています。

とても寂しそうです。

スイラン キク科  Hieracium Krameri
採取作品 「林の中の家」
採取場所 S区K町「水原啓太邸」
特  徴 高さは50〜100センチほどで
黄色い小さな花を咲かせる。

日本では主に東海から西で多く見られる多年草です。
作品での役割 スイラン、ツルニンジン、メハジキ、
クルマバハクマ、イワヘゴ・・・。

さえざえとした空気が流れ込んでくる
10月のある夜、雄太郎は万年筆で
カードに草の名前を書きこんでいた。

そこへ一本の電話が・・・。

ここから雄太郎と悦子は事件の謎に挑むのだ。

ツルニンジン キキョウ科  Codonopsis lanceolata
採取作品 「林の中の家」
採取場所 S区K町「水原啓太邸」
特  徴 「つる」が伸びて、草に巻きつきながら育ち、
朝鮮「にんじん」と似て根が太いため、
この名がつきました。
作品での役割 スイラン、ツルニンジン、メハジキ、
クルマバハクマ、イワヘゴ・・・。

さえざえとした空気が流れ込んでくる
10月のある夜、雄太郎は万年筆で
カードに草の名前を書きこんでいた。

そこへ一本の電話が・・・。

ここから雄太郎と悦子は事件の謎に挑むのだ。

つるバラ バラ科  Climbing Rose
採取作品 「弾丸は飛び出した」
採取場所 世田谷区内 G.L.チェスマン邸
特  徴 つる状に生えるバラの総称。
一面に花を咲かせるため、立体感が出て美しい。
樹高は4〜5mのものもあり、花の大きさもさまざま。
作品での役割 新緑の木立に包まれた、小ぎれいな西洋館なのだが、
鉄線につるバラをからませた垣根も、円形の大きな花壇も、
ろくに手入れがしていないらしく荒れて、
住む人の性格の一端を示していた。

「鉄線につる『バラ』をからませた垣根」か、
「鉄線に『つるバラ』をからませた垣根」か、
迷いました。

トロロアオイ アオイ科  Hibischus menihot(L.)Medik
採取作品 「黄色い花」
採取場所 世田谷区内「数川八郎助邸」
特  徴 黄色い大型の花。
晩夏に咲く。
根の部分が粘っこい。
根の粘液は和紙づくりに使う糊に使用する。
また、切って花瓶にさしておくとすぐに枯れてしまう。
作品での役割 仁木兄妹が留守番する水原家の隣宅で叫び声が聞こえた。
その隣宅、数川家からかけだしてきた数川浩助とともに、
仁木兄妹が家の様子を見に行くと、奥にある広い洋間で、
数川八郎助の死体を発見した。
邸宅の周りを調べていた雄太郎は、
トロロアオイの花をみつけ
花の説明を話し始めてしまい、
悦子はあきれてしまったが・・・。

この書のタイトルの「黄色い花」はトロロアオイのこと。
事実、この花の特性が決め手となり、
事件は解決の方向に向かっていきます。

ノボロギク キク科  Senecio vulgaris
採取作品 「黄色い花」
採取場所 世田谷区内「数川八郎助邸」沿いの道
特  徴 道端などに咲く雑草。
一年中咲いている。
光沢のあるギザギザの葉が特徴。

名前の由来は「野に咲く襤褸菊」で、
ボロギクとは花が集まって咲いているところが、
ぼろきれの集まった状態を想像させるためとのこと。
作品での役割 数川邸でおこった殺人事件の現場に砧警部補がやってきた。
砧が現場検証を行い、木戸から外へ出ると、
雄太郎が砧に声をかけた。
「そら、吹っ飛んじまった」
どうやら雄太郎は道端のノボロギクを観察していたようで、
ノボロギクの綿毛が飛んでしまったことに嘆いていたようだ。
砧はついに雄太郎に癇癪をおこしてしまった。

しかし、そのことで事件解決への照準を絞ることが
できたのである。

葉鶏頭 ヒユ科  Amarantus tricolor L
採取作品 「死の花の咲く家」
採取場所 「西片譲平邸」庭園
特  徴 一般にケイトウは花が美しいのだが、
これは葉が美しいので「葉鶏頭」という。
8月を過ぎると葉が色づきはじめ、
秋には美しい濃紅色に変わる。
花は秋に咲くが、こちらは緑色。

花言葉は「気取り屋」「見栄っ張り」。
作品での役割 第一の殺人があった翌日、駿作はあてもなく、庭を散歩した。
日当たりのいい花壇では、葉鶏頭が真っ赤だ。
昨日のショックで、皆何も手につかない様子だが、
普段は花壇の手入れもやっているのだろう。

悲劇のあとに一息落ち着く駿作。
この後事件解決に向けて、動き出します。

バラ バラ科  Rosa
採取作品 「青い風景画」
「遮断機の下りる時」

採取場所 南伊豆「城之浦亮太郎 別邸」
               (『青い風景画』)
「長束賢宅」14階建てマンションの3階
               (『遮断機の下りる時』)
特  徴 品種改良が活発で種類も何百種類と増え、
色もさまざま。
愛好家の多い花のひとつです。
作品での役割 三影が城之浦邸に到着すると、
庭で見覚えのない四十年輩の女性が、
咲きほこっているクリーム色のバラの枝を
花ばさみで切っていた。(『青い風景画』)

賢の妻あかりは紅バラの束を両腕に抱えている。
華やかなことが好きな彼女は、
毎日のように気に入りの花屋に電話して、
花束を届けさせ、家中の各部屋に飾るのだった。
(『遮断機の下りる時』)

ミステリーに、女性と薔薇は付き物のようです。

ヒヨドリジョウゴ ナス科  Solanum lyratum
採取作品 「猫は知っていた」
採取場所 世田谷区内「箱崎病院」
特  徴 つるで伸び、夏には白い花、秋には赤い実を付ける。
ヒヨドリが赤い実をついばむことからこの名が付く。
しかし、有毒植物でもある。
作品での役割 箱崎病院に引っ越してきた仁木兄妹は、
その日の夕飯を箱崎家の家族と一緒に取ることになった。
なごやかな夕食時間を過ごす中、あまり話に入ってこなかった
長男の英一が仁木雄太郎にこう話しかける。
「ヒヨドリジョウゴとは、どんな毒草なんですか?」

事件とはあまり関係のない会話ですが、
植物好きの雄太郎を表現するために、
作者は花の説明を詳しく記載しています。

フリージヤ アヤメ科  Freesia
採取作品 「ひなの首」
採取場所 品川「笹井キヨ宅」離れ
特  徴 南アフリカ原産の花でほのかな香りがします。
色も白・黄・赤・ピンク等があります。
花言葉はあどけなさ・純潔・無邪気
作品での役割 浅田悦子は以前、娘の鈴子に雛人形を譲ってもらった
松田家の長女、雪枝に電話をした。
人形の中から謎の文章が書かれた紙切れが出てきたからだ。
雪枝はその紙切れの内容から、隣宅の笹井宅でおこった
殺人事件の話を悦子に話し始めた。
15年前、笹井宅の離れで増川という学生がガス中毒で
死んでいたが、その増川の肩に白いフリージヤの花が
おかれていた・・・。

いったいその花にはどんな思いがこめられているのか?

フレウム・
アルピヌス
イネ科  Phleum alpinum L.
採取作品 「猫は知っていた」
採取場所 世田谷区内「箱崎病院」
特  徴 学名「フレウム・アルピヌス」という変種は
色々な図鑑で探してみましたが、見つからなかったため、
おそらくこれであろうというもの載せてみました。
もし、どなたかご存知の方は管理人までご連絡ください。

【ミヤマアワガエリ】Phleum alpinum L.
北海道、本州の高山域に生える多年草。
高さは15〜30cm
作品での役割 箱崎病院7号室に引っ越してきた仁木兄妹。

兄はフレウム・アルピヌスとかいう草の変種が
植わっている鉢を窓ぎわの戸だなの上へおいた。

ホタルカズラ ムラサキ科  Lithospermum zollingeri
採取作品 「虹の立つ村」
採取場所 群馬県民宿「上毛荘」周辺
特  徴 林のへりや山道に生える多年草。
全体に硬い毛でざらつく。
15〜20cmの高い茎に、青紫色の花をつける。
作品での役割 仁木兄妹と3人の子どもたちはドライブに出かけた。
宿泊をしている上毛荘から、山道をおりていくと
広い桑畑が見えてくる。
そんな時、雄太郎が突然こんなことを言いだした。
「おっ車をとめてくれ。
あそこにあったのホタルカズラに似ていたが、
ちょっと違うようだ。何だろう。」

雄太郎も、このような山の中に来るとつい子供にかえってしまう。
似ている植物とは一体何なのだろう。

ムラサキシキブ クマツヅラ科  Callicarpa japonica
採取作品 「暗い日曜日」
採取場所 世田谷区内「南山堂の横の空き地」
特  徴 6〜7月に薄紫色の芳香な小花をたくさんつける。
また、秋には3〜4ミリの紫色の実をつける。
落葉灌木。
作品での役割 悦子が駅前の商店街へ買い物に行くには、
八幡様を横切った方が早い。
そこで境内を通り抜けようとすると、ケヤキの木の下で
館岡博士の死体を発見する。
そして、悦子は館岡の手帖から
「紫式部」という文字をみつけるが・・・・。

これも植物が好きでないと思いつかない発想。
雄太郎ならではの推理が展開される。

メハジキ クチビルバナ科  Leonurus sibiricus
採取作品 「林の中の家」
採取場所 S区K町「水原啓太邸」
特  徴 子供がこの茎をまぶたに貼って、
目を開かせて遊んだことから「目弾き」と呼ばれました。

乾燥して産前産後にも用いたため
「益母草(やくもそう)」とも呼ばれています。
作品での役割 スイラン、ツルニンジン、メハジキ、
クルマバハクマ、イワヘゴ・・・。

さえざえとした空気が流れ込んでくる
10月のある夜、雄太郎は万年筆で
カードに草の名前を書きこんでいた。

そこへ一本の電話が・・・。

ここから雄太郎と悦子は事件の謎に挑むのだ。

ヤマトリカブト キンポウゲ科  Aconitum Japonicum
採取作品 「猫は知っていた」
採取場所 世田谷区内「箱崎病院」
特  徴 8〜10月に紫色の花が咲く。
全草が猛毒だが、根の部分が特に強い。
舞楽の冠(鳥兜)に似ているところが、名前の由来。
岡山県の鬼首村では「お庄屋殺し」とよばれているらしい。
              (横溝正史『悪魔の手毬唄』より)
作品での役割 「どれ?ああ、この草ですか?」
雄太郎は早速のぞき込んだ。
「これはヤマトリカブトですね。この標本は相当傷んでいて
わかりにくいから、必要なら今度僕が作ってあげましょう。」

「病院」に「毒草の標本」。
何かがおこりそうな取り合わせです。