仁木悦子の書籍その他の記事リスト

掲載年 月日 記事タイトル 掲載書籍
1959年
(昭和34年)
9/20 感銘をうけた推理小説は?
−各氏からのアンケート−
「推理小説への招待」
荒正人・中島河太郎編
(南北社)
1960年
(昭和35年)
6/30 仁木君の部屋(大河内常平)
仁木さんのこと(江戸川乱歩)
「書下し推理小説全集」
仁木悦子篇附録
(桃源社)
1965年
(昭和40年)
2/27 仁木悦子さんのこと(寺山修司)
得難いひと(新章文子)
「新日本文学全集」
月報37
(集英社)
1967年
(昭和42年)
5/25 千夜一夜物語サロン 7
千夜一夜物語とミステリ(仁木悦子)
バートン版
「千夜一夜物語」7 月報
大場正史訳
(河出書房)
12 人間の可能性 人間であるために
PHP研究所編
(実業之日本社)
1969年
(昭和44年)
4 乱歩先生のこと 江戸川乱歩全集月報1
(講談社)
1970年
(昭和45年)
12 気楽な時代 本格派の系譜(U)
月報
(立風書房)
1978年
(昭和53年)
12 座談会「ポアロとミス・マープルの素顔」
(仁木悦子・常盤新平・矢野浩三郎・数藤康雄)
名探偵読本3
「ポアロとミス・マープル」
(KSS出版)
1979年
   (昭和54年)
12 人間対動物 世界動物文学全集14
月報
(講談社)
1980年
(昭和55年)
4/18 −特集・男の中のおとこ研究−
CM戦場の勇者たち
ブレーン別冊・テレビ25年の記録
CMグラフィティ第2集
(誠文堂新光社)
5/30 自由を束縛するものに対する怒り
仁木悦子
私の猫がいない日々
(熊井明子)
第2版以降
9/25 仁木悦子『猫は知っていた』の猫は、
殺人に利用されるが、解決のヒントにもなる。
猫の文学散歩
(熊井明子)
1982年
(昭和57年)
3/15 夏樹さんと霧の会 夏樹静子作品集2
月報
(講談社)
1986年
(昭和61年)
12 仁木悦子さんと「霧の会」のことなど・・・・ 本格ミステリーを楽しむ法
鮎川哲也
(晶文社)
1988年
(昭和63年)
9 追悼・仁木悦子氏 推理日記PARTX
佐野 洋
(講談社)
1996年
(平成8年)
5/5 『粘土の犬』 戦後50年
文学に現われた障害者像
−別冊しののめ−
10/25 乱歩先生のこと 日本探偵小説事典
江戸川乱歩
(河出書房)
1997年
(平成9年)
10 『猫は知っていた』 日本の障害者
その文化史的側面
(中央法規)
1998年
(平成10年)
2/13 猫は知らなかった?
仁木悦子『猫は知っていた』
詩に踏まれた猫
清水哲男
(出窓社)
12/30 発想の良く似た作家 西村京太郎読本
(KSS出版)
2005年
(平成17年)
11 世田谷ミステリーの現場から
『猫は知っていた』
あの名作の舞台
(世田谷文学館)
2006年
(平成18年)
6/25 仁木悦子とクースケ、チースケ
猫にはミステリーがよく似合う
作家の猫
(平凡社)