かあちゃんは犯人じゃない
 上映データ
 上映日 1958年5月25日
(昭和33年)
 配給会社 大映
 原作 かあちゃんは犯人じゃない
 キャスト
 野沢和夫 小柳 徹
 野沢澄江 若松和子
 高倉平造 星ひかる
 長谷川巡査 見明凡太朗
 長谷川あや 町田博子
 長谷川信一 森 稠秀
 赤名長治 伊沢一郎
 春美 矢島ひろ子
 勝田 中条静夫
 高橋捜査主任 原田 該
 木村刑事 守田 学
 村田巡査 石上正二
 釣具店主人 佐々木正時
 婦人警官 半沢光子
 隣のおかみ 竹里光子
 山本巡査 花野富夫
他…
シナリオ
新聞広告 ポスター
 スタッフ
 監督 村山三男
 脚本 天野妙子
 製作 永田秀雅
 企画 米田 治
 撮影 秋野友宏
 音楽 大久保徳二郎
 美術 高橋康一
 録音 三枝康徐
 照明 伊藤幸夫
あらすじ
 和夫(小柳徹)はかあちゃんの澄江(若松和子)が大好き。そんな彼は乱暴な義父の平造(星ひかる)から、かあちゃんと一緒に家から逃げたがっていた。ある日、和夫がシャボン玉遊びのシャボンを取りに家に戻ると、平造の死体と障子ごしに映る犯人の影を見つけた。
 和夫はこっそり家を出て、友達の信一(森稠秀)の父、長谷川巡査(見明凡太朗)に事と次第を伝えるが、二人が家に向かうと血だらけのナイフをもった澄江が、平造の死体のそばに立ち尽くしていた。警察は、澄江を連行するが、和夫は澄江を犯人とは思っていない。そこで、和夫がとった行動は・・・。